日和田の家 2つのズレと佇まい

仮囲いのヴェールに包まれていた、日和田の家は待ちに待った覆いが外され外観が露わになりました。
2つのボリュームが平面と断面でズレながら、外観と内観を構成し、風景の中に佇んでいます。
e0197748_17122832.jpg
手前半地下のガレージのもぐり具合も、車が外からあまり見えないよう庭との関係で高さを決めています。
e0197748_17123734.jpg
同じ屋根勾配と幅を持つ2つのボリュームが平面で1820ミリ、断面で1440ミリズレながら、建物を構成しています。
e0197748_17124226.jpg
東側より見る。
手前1階の外壁はこれから、ウエスタンレッドシダー(米杉)を横貼りし他の金属の外壁とは違ったテクスチャーでエントランスとしての表情を与えます。
[PR]
by maenaoarchi2010 | 2011-11-30 17:24 | 田園の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maenao.exblog.jp/tb/16985378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]