『麓山の家』 外装工事

外装工事がほぼ出来上がりました。(塗装工事は除く)
まだシート覆われていますがシルバーグレーの金属のカタマリと板貼りの凹凸感が、ボリュームを程好く感じさせてくれます。
2階より1階のボリュームを大きくして、より安定感がでるような形にしています。
2階は眺望に向けて、メガホン状に開いたデザインとしています。
e0197748_19384128.jpg
e0197748_19385553.jpg
玄関の上り框とフローリングの貼り始めをどのようにしたらきれいに見えるか、現場チームと共に検討しました。
結果、上り框の位置を微調整しフローリングを真物で貼り始め、半端のでないような割付にしました。このような細かい事が、出来上りをより良くします。
e0197748_1939020.jpg
その後、購入家具のイメージをつかむために、御施主さまと一緒に家具のショールームを見てきました。
今回の空間にマッチするような家具をいくつか、見つけてきました。
この時期になると、家具と共に生活のイメージもリアルに感じられるようになりつつあります。
[PR]
by maenaoarchi2010 | 2012-04-12 19:54 | 麓山の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://maenao.exblog.jp/tb/17758325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]