カテゴリ:アート( 1 )

e0197748_14155951.jpg
e0197748_1416717.jpg

人生初の確定申告も無事?終わり、1つ心配事がなっくなった今日この頃です。
それで一息ついた昨日は郡山美術館で開催されている、植田正治写真展 『写真とボク』に行って来ました。
前から名前とモノクロの写真家であることや、鳥取に高松伸設計の美術館があることは知っていたものの、実際にその写真をじっくりと見るのは初めてでした。
作品は鳥取砂丘で撮影されたものが多く、モノトーンでシュールな世界が展開されつつも、家族の写真が多く、ある意味家族の歴史や家族愛的な写真の軌跡も見ることができました。
アングルや風景の切取りかたも絶妙で、その物の持つ存在感が際立って見え、とても興味深く見られました。
モノトーンでクルーな中にも表情豊かな人々の暖かさを感じ、「写真すること」をこころから楽しんだひとりの写真家の人生を垣間見れた展覧会でした。
[PR]