カテゴリ:船引半島の家( 11 )

e0197748_11354636.jpg
e0197748_11353196.jpg
e0197748_11403873.jpg
e0197748_11355203.jpg
e0197748_11355729.jpg
e0197748_11360262.jpg
e0197748_11361608.jpg
e0197748_11371101.jpg
e0197748_11362854.jpg
e0197748_11363576.jpg
e0197748_11364695.jpg

[PR]
e0197748_1821217.jpg
船引町で工事を進めておりました住宅が御施主様のご厚意により、完成見学会を開催させていただける事となりました。
周囲の穏やかな里山の風景と三方を道に囲まれた変形敷地を半島に見立て、この敷地に合うように建物をずらし配置しました。見る方向によって色々な見え方のする住宅です。
1階の21畳の広いLDKと4.5畳の和室がフレキシブルにつながり多様なライフスタイルに対応できるように考え、また無駄のないコンパクトな家事動線と水周りを実現しました。
2階は緩やかな片勾配の屋根がそのまま内部構造に現れ、程よいスケール感と落ち着きのあるプライベートスペースになっています。
天候の安定しない梅雨の時期かと思いますが是非、皆様に御覧頂きたいと思い御案内申し上げます。

日時/2016年6月25日(土)10:00~17:00 6月26日(日)10:00~17:00
場所/福島県田村市船引町今泉字池平77-2(パチンコ アラジン 田村店の南側)
(※詳しくは下記の地図を御覧下さい)
設計・監理/前原尚貴建築設計事務所 TEL 090-2206-2108(お問い合わせ先)

詳しくはこちらをご覧ください
[PR]
「船引半島の家」は足場が外され、外観が露わになりました。
敷地形状に沿うように、平屋と2階建てのボリュームがズレながら動きのある形を作っています。
e0197748_11345259.jpg
南側道路より見る。
西側へ下がる片勾配の屋根が西からの強風を逃がし、背後に控える山の稜線に続いて行くような形状としています。
外壁は金属で葺き、軒下は板貼りでテクスチャーの違いが豊かな表情を生み出します。
e0197748_11345988.jpg
手前の平屋部分の外壁は平葺き、2階建ての部分はガルバリウム鋼板のサイディングで形を雁行させて変化のある見え方を意識しています。
e0197748_1135579.jpg
西側より見る。
正面板貼り部分がリビングダイニングで、道路側からのプライバシーを確保しつつ、半島形状に突き出た広い庭を望むように大開口部とテラスを設けました。
2階から屋根に出て、上から庭と眺望の良い景色を望むこともできます。
[PR]
e0197748_1034342.jpg
まだ全貌はベールに包まれていますが、足場が撤去されるまでお楽しみに。
e0197748_10335298.jpg

船引半島の家 外壁=平葺き:黒+板張り:茶+断熱サイディング:シルバーグレーで完了。
[PR]
ここ数日で、いっきに春の暖かさとなり、昨日は郡山でも18℃と4月下旬並みの陽気でした。
この季節少し遠い現場監理に行く道中も、ドライブがてら気持ちよく向かえます。
さて、「船引半島の家」は屋根が葺きあがり建物のスカイラインが見えてきました。
e0197748_9385416.jpg
マンサードの屋根が精度よく完成しました。
e0197748_9384837.jpg
トップライトから顔を出したり、屋根に出てこんなこともできます。日向ぼっこにちょうど良い勾配角度のシェーズロングのような背もたれです。
現場監督にモデルになって座ってもらいました。
e0197748_9384390.jpg
屋根からは遠くの田村富士と隣家の枝垂桜が見えます。
この陽気だと、あと半月もすれば満開の桜が眺められることでしょう。
e0197748_93838100.jpg
内部は親子の大工さんが一つ一つ丁寧に作業を進めて頂いております。(写真は若い息子さんの大工さん)
天井の化粧ラワンベニヤを精度良く貼っています。
[PR]
e0197748_186750.jpg
『船引半島の家』は上棟後、順調に工事が進んでいます。
外壁下地の構造用合板が貼られサッシも概ね取り付き、敷地にフィットし雁行させた外観のボリュームが見えてきました。屋根が葺かれるまでブルーシートで覆い野地板が濡れるを防ぎます。
e0197748_1861398.jpg
マンサードの腰折れ屋根のある、2階子供部屋は斜めに下がる垂木が天井と壁をつなぎ、空間に程よいリズムを生み木に包まれた楽しさをもたらしています。
e0197748_1861768.jpg
お施主様ご夫婦も赤ちゃんを抱え、現場であれこれと悩みつつも楽しくイメージをふくらましています。(1階リビングにて、幸せなひととき。)
[PR]
『船引半島の家』は、めでたく上棟を迎えました。
一時台風並みの強風が吹く中でしたが、ご家族にとって思い出に残る一日となったことでしょう。
e0197748_10415426.jpg
上棟を祝う五色の旗と矢羽が、冬晴れの空に高らかに掛かりました。
e0197748_10414673.jpg
背後の山の稜線と呼応するように、緩やかな腰折れ傾斜屋根の輪郭が見えてきました。
これは冬の北西風を考慮した形にもなっています。
半島型の敷地やこれらの場所性、地域性などから形態が導かれました。
e0197748_10415981.jpg
槌打ちの義:建物の四隅をお酒で清め、棟梁に小鎚で隅を締めてもらい、安全で丈夫な住まいができあがるようお祈りしました。
e0197748_1042515.jpg
ご家族・両親・兄弟・子供たち・現場関係者も含め総勢約20数名の大勢の方に参加頂き、みんなで上棟を祝いました。
現場の構造用合板やツーバイ材と角材を使い、即席の長テーブルと長ベンチを作り、将来のLDKがパーティースペースに早変わりです。
お弁当と温かいけんちん汁、ごちそうさまでした。
そして今回はスルメイカを皆で食べるという習わしを初体験しました。
噛めば噛むほど味が出ることから、「幾久しくご縁が続きますように」という意味の縁起かつぎです。
[PR]
昨年末から工事を進めていた「船引半島の家」は基礎の配筋が綺麗に組みあがり、検査も無事終わりました。冬場で寒冷地の為、温度補正をした早強コンクリートをこれから打設します。
半島型の土地を有効に使う為、境界線の斜め形状に従うように平面を雁行(がんこう)させ、矩形をずらしたようなプランにし建物に動きをつけています。
e0197748_1733966.jpg
正面遠くに見える山は片曽根山で、山容の美しさから地元では「田村富士」の愛称で親しまれている山です。
1階のリビングダイニングと2階の子供室から、この山がいつでも目に入るようになります。

[PR]
e0197748_1449314.jpg
朝から大雨と強風の吹く中、本日地鎮祭が行われました。
施工者にはテントを用意してもらい、時折激しく降る雨音の中行われた地鎮祭。
参加頂いたご家族の皆様にも、記憶に残るイベントになったことでしょう。
大鏑矢神社の神主様も最後に言われたように、まさに「雨降って、地固まる」縁起の良い地鎮祭となりました。
これから来春の完成に向けて、寒い時期の工事となりますが施工者様よろしくお願いします。
e0197748_1452144.jpg
その後はお施主様の実家に伺い、お父様が山から斬ってストックしてあるという丸太や材木を見に行きました。ご自分でトラクターでキャリアカーを引き、裏庭まで運んだとのこと、頭が下がります。
e0197748_1449543.jpg
立派なエンジュの木は今回、床柱に使う予定です。背割りもしっかり入っています。
e0197748_1450333.jpg
他にもケヤキの板などがあり、さてどこに使おうか検討中です。
娘さん家族の為に、お父様が用意してくれていたこれらの木材。
なんか温かい気持ちになりました。どこかに生かし、ストーリーのある家にできればと思います。
[PR]
今年も早いもので10月も半ばを過ぎてしまいました。
さて設計を進めていた『船引半島の家』は、ようやく実施設計が完了し、これから見積もりに入ります。
工事着工までは、見積もり調整と施工者選定などまだまだやるべきことは多々あります。
何とか、年内に上棟まで行ければ良いのですが。
e0197748_11425223.jpg
リビングからダイニングキッチンと隣の和室を見る。
半島型の敷地に建つ住宅の為、周囲からのぐるーっとした見られ方や眺めを意識したかたちとしました。
天井は緩い勾配の垂木が連続したリズムを刻みます。
[PR]