<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

業務再開しております!
家の方はまだ水害の後片付けなど落着きませんが、事務所は別の所だったので昨日より業務を再開しております。
数日間行けてなかった、日和田の家の現場に行って来ました。

e0197748_18174610.jpg
コンクリート土間の白い床。
e0197748_18175266.jpg
まるで遺跡のような田園風景に佇む、コンクリートのなんとなくシュールな光景。コンクリートの壁が石碑の様に見えます。

4回による基礎コンクリートの打設も完了し、建物のベースとなるフロアーが姿を現しました。
ビルトインガレージとなる半地下部分のコンクリートの自立壁が、周囲の田園風景に不思議な感じをあたえています。
来週からはいよいよ、木軸組の建て方が始まります。
[PR]
私の住んでいる地区は、今回の台風15号によって多大な被害を受けました。
建物は床上浸水し、愛車が2台とも冠水してしまいました。
失った物もとても多く今は悲しいですが、家族みんなの命が無事であったのと、人々の助けや友情など得られた物も多くありました。
色々とお力を貸して頂いた、皆様ありがとうございました。
また、ご心配をして頂いた皆様、ありがとうございました。
今年は色々な困難なことが起こりますが、へこたれないようにこれからもがんばっていきます。
e0197748_18384131.jpg
救命ボートで助けにきてくれた消防隊
e0197748_18384713.jpg
冠水した愛車たち
e0197748_18385316.jpg
水に浸かった周辺の建物(自宅2階より)
[PR]
麓山の家は1:100から1:50の大きい模型で検討中です。
基本プランも概ね固まり、実施設計を進めています。
大きい縮尺の模型となったことで、今まで図面では見えなかった『意外な空間の繋がり』や、開口部から見える景色などより詳細なことが確認できてきます。
この模型と合わせて内部の展開図も作成し、材料やディテールの検討も同時進行中です。
e0197748_1614189.jpg
スキップフロアーなどの内部の立体構成が外観にも現れるようデザインしています。

e0197748_16142523.jpg
縁側からリビング越しに左側のスキップフロアーの客間が見え、右奥のダイニングキッチンへリビングを中心に空間が立体的かつ水平に繋がります。
[PR]
本日ようやく第一回目のコンクリート打設が行われました。
台風の影響で今日も天気は安定しませんが、職人さんがしっかりと養生も行い緊張の金ゴテ一発で綺麗に仕上ていただきました。
この建物は高低差のあるコンクリート床で仕上がる為、後3回ほどコンクリート打設が待っています。
e0197748_19311516.jpg
軸組が立ち上がっていないので、なんとなくですが全体のイメージやスケールが確認できるようになってきました。

e0197748_19312261.jpg埋設配管もしっかりとキャノン砲のように突き出しています。

e0197748_19312962.jpg今回は基礎・土間断熱工法としていて、断熱材が地面に埋まってしまう為スタイロフォームATと言う白蟻対策用の断熱材を使用しています。

[PR]
先月の終わりに、『日和田の家』の御施主様たちと一緒にIKEA三郷店に家具などの買出しに行って来ました。
新築される家に設置する家具や小物など、これから出来上がる空間のサイズやイメージを膨らませてセレクトしていきます。
御施主様たちと僕とでその場で図面をひろげコーディネイトし、チョイスしていく時間。これも家づくりの楽しみのひとつです。
お気に入りの物が見つかって良かったですね。僕もいい買物ができました。
e0197748_1121648.jpg
キッチンに取り入れるマグネット式の調味料入れ。

e0197748_1122730.jpg引き出し式のゴミ箱です。
グレーのプラスチックの台に、黒いゴミ箱をはめ込みます。蓋もセレクトできます。

e0197748_112352.jpgセルフクロージング引き出し機能付きのなかなかの優れものです。
[PR]
e0197748_121433.jpg
手前の黄色い棒状の物がスラブヒーターです。
e0197748_1214997.jpg
左が半地下のビルトインガレージ。自立したコンクリート打ち放しの壁が現れます。

日和田の家では基礎の配筋工事が進められています。
配筋検査も設計事務所と瑕疵担保保険共に問題がありませんでした。
今回は一部半地下のビルトインガレージになる為、ベタ基礎のダブル配筋としてかなり頑丈な基礎としてます。
また、基礎断熱したコンクリートの土間を蓄熱層として利用するスラブヒーターという電熱線を埋設してます。
これがなかなかの優れもので土間全体をまんべんなく暖めて、気流の発生がなく、温度差のない穏やかな空間を実現します。
台風の影響でコンクリート打設は来週に持ち越しとなりました。
[PR]