<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

完成写真の撮影を佐久間正人氏にお願いしました。
昼間と夜の撮影をしていただき、それぞれの時間帯で見えてくる表情の違いがどのように表現されてくるか楽しみです。
新幹線の見えるパノラマウインドから新幹線が走ってくるタイミングを狙って撮影もして頂き、鉄道マニアになった気持ちでした。
佐久間氏曰く、「なんか、はまりそうです。」と一言。
e0197748_13493499.jpg
e0197748_13495579.jpg
e0197748_1350472.jpg

来年は1月6日から仕事始めとなります。
それでは、みなさんよいお年を!
[PR]
e0197748_18335997.jpg
e0197748_18342031.jpg
e0197748_18343012.jpg
日和田の家はお引渡しが行われました。
おめでとうございます。
今日からこの建物がお施主様の手に渡り、住まいとして末永く家族の記憶を刻んでゆきます。

夏の暑い日、御施主様とこの土地を見て色々と夢を語り合った日が遠い記憶のように蘇ってきます。
今年は大きな災害もあり、住宅をつくることが一時危ぶまれたこともありました。
それでも強い決心で僕を住まいの設計者として託していただいた、お施主様に感謝します。
末永くこの家を住まい、家族と共に年月を重ねて行かれることを心より願っております。
最後に、短期の工事期間にもかかわらず、設計意図を深く理解しクォリティーの高い施工技術・職人魂を持って、実現して頂いた㈱はしもと住宅店をはじめとする施工者チームに心より御礼申し上げます。
[PR]
建物の配置を確認するため、丁張り検査を行いました。
建物の壁芯となる位置に、糸を張り敷地との関係や建物の大きさを確認します。
いつもであれば、この段階では建物が少し小さく感じますが今回は大きい。
二世帯住宅ということもあり、どうしても大きくなりがちですがボリュームを分節して圧迫感のでないような、形にしています。
年内は基礎の捨てコンまで行い、正月を迎える予定です。
e0197748_13265593.jpg

e0197748_13265051.jpg

[PR]
2日間のオープンハウスも終了しました。
御案内や対応が行届かない点もありましたが、本当に沢山のご来場ありがとうございました。
コンパクトながらもズレながら連続する空間を体験していただき、心地よい風景を感じて頂けたなら良かったと思います。
今週は完了検査、施主検査、設計検査も無事終了しました。
後は、いよいよ来週の引渡しを待つのみとなりました。
e0197748_2104586.jpg
フォルクスワーゲンビートルTYPE-Ⅰ【1953年製 最初期のオーバルウインドウ】
e0197748_2105394.jpg
庭からの見え方を考慮し、天井高さは1900に抑えている
e0197748_2105945.jpg
平面・立面共にボリュームを雁行させ、外装の仕上も変えている
e0197748_211548.jpg
車もガレージにセットアップされ、愉しいガレージライフの始まりです。
車のボディー色と外壁のライトグレーメタリック色の映りも『しっとり』といい感じです。
[PR]
e0197748_2357870.jpg
オープンハウス初日が無事終了しました。
明日も午前10時~午後4時まで引き続き開催しますので、是非ご覧ください。
しかし、今日は朝から雪がちらつくとても寒い日でした。
お越しいただいた、皆様ありがとうございました。
この建築を体験していただき、色々なお話をさせていただいた事で、何かを感じていただけたならとても嬉しく思います。
[PR]
e0197748_13181259.jpg
色々とあった今年もあと僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今回、御施主様のご厚意によりオープンハウスを下記の日程で開催させていただくことになりました。

趣味のガレージライフを愉しみ、建物全体がスキップフロアーで緩やかに繋がり、気持ちの良い風景の感じられる家です。

師走のお忙しい時期かと思いますが、是非御覧頂き色々とお話をさせて頂ければうれしく思います。



場所:郡山市日和田町字東八ツ田46番1(下記の案内図参照)
    駐車場は建物裏にあります。建物向かって右より裏に回ってください。

開催日時:12月17日(土) AM10:00~PM5:00、12月18日(日) AM10:00~PM4:00
※私は17日(土)は一日中おりますが、18日(日)はPM13:00からの現場入りとなります。

■■□―――――――――――――――――――――
前原尚貴建築設計事務所
〒963-8851 郡山市開成5-6-2 セラー山崎301
tel:090-2206-2108 fax:024-925-7620
Nao-Log http://maenao.exblog.jp/

詳しい案内図はこちらをクリック!
[PR]
郡山市中心部からほど近い、新しい土地区画整理内に計画中の住宅です。
周囲は近くにホームセンターや大型食料品店・病院などがあり、立地条件も良くこれから住宅地として宅地開発が進んでくることが予測されるエリアです。
この区画整理内にはハウスメーカーの住宅が数多く建設を予定していて、これらの住宅とは外観の差別化を図りつつも街や周囲の風景に溶け込んでいくような、つつましくも個性のある佇まいの家にしたいと考えています。
e0197748_18501443.jpg
内部空間もコンパクトですが、窮屈な感じのしない抜けの良い空間構成をスタディー中です。
[PR]
『麓山の家』では本日、地鎮祭がとり行われました。
天気に恵まれ遠くの安達太良山も良く見え、穏やかな地鎮祭となりました。
地震で家を被災したご家族にとって、思い入れ深い一日になったことと思います。
間もなく、本工事着工となりますが気を引き締めて設計監理を進めて行きたいと強く思います。
現場サイドの皆様、これから寒い時期の工事となりますが宜しくお願いします。
e0197748_1845107.jpg
e0197748_18451636.jpg
擁壁の打ち放しの色も大分落着き、コンクリートグレー色になって来ました。
[PR]
e0197748_16275637.jpg
エントランス外壁のウエスタンレッドシーダーが貼り上がりました。
金属の外壁との違いが、豊かなエントランスの表情をつくり出します。
玄関ドアもスチールで特注製作し、外壁に同化するような意匠とディテールにしています。
e0197748_1628762.jpg
いつも現場に行くと、何かと話をさせて頂く塗装職人の親方。
こだわりのある仕事の仕方や塗料の種類など、勉強になります。
職人魂を感じさせてくれるいい仕事で、家具のマットな仕上りもとても滑らかで頬ずりしたくなるほどです。
e0197748_16281465.jpg
『何処かに繋がる窓。』
閉じられる各個室は出入口のドア以外に、外部と何処かの部屋に繋がる開閉式の窓を設けています。
これによって、外の風景だけではなく内部~内部~外部への奥行きや他の空間との関係性が生まれるようにしています。
[PR]
e0197748_18495139.jpg
エントランスのウエスタンレッドシーダーの外壁も貼られて来ました。
なにやら強そうな名前のウエスタンレッドシーダーですが、米杉のことで耐候性が強く、保護材の着色性も良いので良く使用しています。
とはいっても、雨掛りになると色が変わってしまうので軒下等の直接雨に掛からない場所に使用しています。
e0197748_18495796.jpg
内部では塗装工事や内装の下地処理も進んでいます。
今回の内装はメンテナンス性や割れ難さを考慮し、ビニールクロスをメインに使用します。

この所、毎日のように現場に通っています。
完成間近になると、仕上に関わってくる内容が多く現場サイドとの密な打ち合わせが必要な為です。
いつものことですが、この時期になるともうすぐ完成する嬉しさと同時に、あと少しで僕の手を離れてしまう一抹の寂しさもこみ上げてきます。
さあ、もう少しです。
現場サイドも最後の追い込みです。ガンバレー!
[PR]