<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明日、11月25日(日)に開催されるDialo設計相談会『建築家とつくる家づくり展』に参加します。
最新プロジェクトの模型や実例写真のパネル展示などを行い、家づくりの良きアドバイスなどを出来ればと思います。
家づくりをお考えの皆様、お気軽にお越しください!

会場:ビックパレットふくしま 3階 研修室
時間:10:00~17:00
詳しくはこちらを御覧下さい。
Dialoホームページ http://www.shinwa-21.co.jp/dialo/
 
e0197748_17152999.jpg
横塚の家 2012年
[PR]
外装も概ね仕上がり、内部の木工事が平行して進められています。
この段階になると、今まで大まかに捉えていた空間がより詳細な形とテクスチャーで目の前に現れてきます。
ここからがある意味で内部空間を決定づける部分でもあり、細部の納まりや検討が必要になってきます。
e0197748_1482276.jpg
床のナラフローリングも貼りあがってきました。
オイルフィニッシュで仕上げ経年変化が楽しめ、よりしっとりとしたテクスチャーにしています。
e0197748_1483350.jpg
事務所から住宅の玄関を見る。
住宅とは通り土間でエリアを分け、間仕切家具で空間を仕切ります。
e0197748_1483780.jpg
事務所となる部屋はまるで材木屋さんのように木材が壁立て掛けられていたり、その場で刻まれ加工され、現場は木のいい香りで包まれています。
やはり木造は良いもんですね。
[PR]
郡山市内の静かな公園の近くに計画中の2世帯住宅です。
ケヤキや桜並木のある緩やかな坂道に面していて、この緑豊かな借景を活かし庭~室内~並木道への抜けていく気持ち良さと空間の上昇感みたいな物がリンクできないかをスタディーしています。
e0197748_20192583.jpg
南東側より見る。

e0197748_20193091.jpg
北側の並木道側より見る。

e0197748_20195068.jpg
内観スケッチ。
スキップフロアーの一段高いスペース越しに、並木道の街路樹が空間の一部として見えるように考えています。
[PR]
現場も順調に進んでいます。
半地下になる部分のコンクリート基礎は先行して完了し、今日は1階の床となる部分の配筋検査に行って来ました。
しかし今日の現場は活気がありました。
来週月曜のコンクリート打設に向けて、現場監督をはじめ基礎工事、電機工事、設備工事、防水工事など12~13名の業者が施工にあたっていました。
また今日は住宅センターによる、まもりすまい保険の配筋検査もあり一時は住宅の基礎工事とは思えないほどのたくさんの人が現場に入っていました。
住宅と言え建築はたくさんの人の手によって、チームで作って行くものだとあらためて思う今日この頃です。
e0197748_1854381.jpg
裏は山林となっています。
e0197748_18545814.jpg
今回も土間コンクリート蓄熱のスラブヒーターを採用しました。

e0197748_1855331.jpg『小和滝便り』
阿武隈川沿いの紅葉も先日よりだいぶ進みました。
近くではたくさんの白鳥が飛来してきています。
[PR]
ここのところ天候が安定せず、外壁の工事がなかなか進みません。
朝のうちは晴れていても、午後はどしゃ降りになったり外壁・板金工事施工者さんは天気に左右され大変です。

e0197748_1863385.jpg
腰壁が未完成ですが屋上テラス=スカイデッキのスペースもできつつあります。
敷地の関係上、広い庭が取れなかったため屋上にオープンスペースとして木デッキ貼りのアウトドアスペースを設けました。
これからこのスペースをより有効に活用するためのアイテムが、いくつか設置される予定です。
ご期待下さい。

e0197748_1863875.jpg
内部では床の遮音パネルが貼られています。
1階の事務所と2階の住宅部分が上下に重なるため、少しでも上の生活音が下の事務所に伝わらないようにしています。
それでも、聞こえる音は仕方がないかとも思っています。
まあこの辺は、生活してみてからですね。
[PR]
1階洗面室のガラス屋根が出来上がりました。
坪庭に面した下屋状の場所で、通常の窓では採光が期待出来ないため、トップライト状のガラス屋根とし、天候に左右されずに明るいスペースとなります。
e0197748_1393615.jpg
洗面室には乳白の光が明るく室内を照らします。

e0197748_1393217.jpg
ステンレスの枠を製作し、乳白のスリガラス(遮熱LOW-E複層合わせガラス)を入れました。
設計側のイメージを伝え、施工側でディテールを詰め、完成度の高いガラス屋根となりました。

e0197748_1392583.jpg
隣家からのプライバシーを考慮し、乳白のスリガラスとしています。
夜は行灯(あんどん)の様にここから漏れる光があたりを照らします。
設計施工:(有)前原ガラス
[PR]
開口部も設置され、窓から見える風景や光の入り方などが確認できるようになりました。
ガラスは全てLOW-E複層ガラス(空気層14ミリ)を使用し、アルミと樹脂の複合サッシを使い断熱・遮熱性能を高めています。
断熱性や遮熱性、気密性能を高めて、極力華美な機械設備に頼らなくても持続可能な生活がしたいと考えています。
e0197748_13204870.jpg
リビングよりダイニングキッチン方向をみる。
天井高さに変化をつけワンルームの空間に抑揚を与え、その場所ごとの居心地の良いスケール感を出せるようにしています。
e0197748_13205537.jpg
外壁の工事も徐々に貼り始まりました。
全て貼りあがると金属の凹凸のある固まりに見えてきます。
外装の防水シートも遮熱性のあるシルバー色のシートを採用しました。
最後には隠れてしまう部分ですが後で変えるわけには行かないので、通常の防水シートより多少コストはかかりますが性能の良い物を使っています。
[PR]