<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

基礎もきれいに打ち上り、今日は明日から始まる土台入れに向けて、壁の芯を基礎に書き出す、墨出しという作業が行われていました。
e0197748_18192917.jpg
赤と青、グレーの配管が基礎の上に張りめぐらされています。
赤がお湯、青が水、グレーが排水管で、ひと目でどれがどのルートで繋がるか分かるようになっています。
e0197748_18192046.jpg
先日は恒例行事となりつつある、天井表しの仕上になるラワン構造用合板の選別に、建材屋さんの倉庫に行ってきました。
今回は割とすんなりひとやまのベニヤから、ある程度良さそうな物が揃いました。
その後は、プレカット工場に伺いCADオペレーターを交えての、最終的なプレカット図のチャックバックと細部の納まりなどの打ち合わせを行いました。
これで来週から始まる、建て方への準備は万端です。あとはお天道様に天気を祈るのみです。
[PR]
『公園の見える家』は外壁工事が概ね、完了しました。
建物の外形を形づくるメインの壁は左官仕上げの大壁とし、凹んだ壁を板壁とし素材の違いと凹凸で建築の陰影とボリュームを表現しています。
e0197748_1049057.jpg
公園側から見上げる。
LDKのガラスの大開口部と凹んだ壁と軒天がウエスタンレッドシダーの板貼り。
ガラス面に映る風景と板の表情が、公園に対して大きなスクリーンとなるように考えました。
e0197748_10485360.jpg
軒下のデッキテラスとなるウエスタンレッドシダーの板壁と軒天。
なんと4.9mの一枚物の材料を新木場まで、材木屋さんが取りに行ってくれたとのこと。
おかげで、継ぎ目無しの美しい仕上がりと表情を見せています。
僕もこんなに長いレッドシダーは、初めて見ました。
施工サイドの現場に賭ける意気込みに感謝です。
[PR]
『香久池の家』は基礎工事が進められています。
昨日は配筋検査を行い、今日は梅雨の貴重な曇り空の下、朝からコンクリートの打設が進められています。
e0197748_11425399.jpg
午前中で打設も完了し、左官屋さんがコテ押さえを行っています。
この二人の職人さんは、僕の自宅の施工もして頂いた腕利きの左官職人さんです。
美しい金ゴテの仕上がりに期待します。

e0197748_11424733.jpg
コンクリートを打設するブームと呼ばれる大型作業車とミキサー車も何とか、敷地脇に寄せられ打設も順調にいきました。
左に佇む、現場監督さんもほっと一安心。
e0197748_11423777.jpg
基礎の配筋状況。
今回も基礎を断熱し、コンクリート蓄熱式のスラブヒーターをスラブ(土間床)に埋設しています。
これで、スキップフロアーで繋がる抑揚のある空間を基礎から暖めます。
[PR]
『プールサイドの家』のお施主様は、ご夫婦で料理とワインが趣味と言うお二人。
家づくりの要望も、「ワインを楽しむために家をつくりたい!(ワインセラーも必須)」という程です。
この料理とワインの楽しめるイタリアのバールのようなダイニングキッチン、そしてワインバーのような空間のイメージを、スケッチでご提案させていただきました。

e0197748_1355517.jpg
リビングを見る。
庭の広いデッキテラスと隠れ部屋のような客間がLDKに面する。
リビングの奥は吹抜けで2階と緩くつながる。

e0197748_13545938.jpg
ダイニングキッチンを見る。
レストランの厨房のような、対面型バーカウンターのある空間。
バックは全面壁面収納と一部ワインセラーとストックスペース。
お友達を呼んでの、賑やかなホームパーティーも楽しめるような回遊性のある空間にしました。

e0197748_1357318.jpg
客間は隠れ居酒屋のような、落ち着いた空間にしたいと思っています。
白砂利を敷き詰めた、露地と竹のある庭を眺められます。
[PR]
屋根に太陽光発電のソーラーパネルが設置されました。
一般住宅としては大きめの定格出力約10kwの発電量で、今回は全てを売電する計画です。
しかし、この住宅地の屋根を見渡すとほとんどの屋根にソーラーパネルが設置されています。
それだけ一般化したということか、昨今の電力需要に関心が高くなったということでしょうか。
最もハウスメーカーの戦略的なことが、一番多いかもしれません。
いずれにしろ、自然エネルギーを多いに活用することは今後の建築を考えていく上でも、重要な課題のひとつです。
あとは、このような装置を建築にうまくデザイン的に処理することを我々設計者は、考えていかなくてはなりません。
e0197748_9492599.jpg
ソーラーパネル設置により、太陽光が遮熱され、屋根の野地板温度が約11℃も下がるとのこと。
付加の効果として、夏場の冷房効果も期待できます。
パネル本体は屋根に穴を開けることなく、グリップ金具で固定しています。

e0197748_9493077.jpg
周りの住宅の屋根にもソーラーパネルが数多く設置されています。
この新興住宅地は、全て南雛壇の宅地となっている採光に配慮した住宅地になっていて、車を走らすとソーラータウンの様相です。
[PR]
いよいよ外壁の左官仕上げの工程に入りました。
天気予報と相談し、数日間工程が遅れましたが今日は朝から晴れの予報。
左官職人さん5人と材料練り1人の6人体制で施工に臨み、天気のよい一日でほぼ全ての外壁面を仕上げます。

e0197748_17324633.jpg
現場ではザラザラとした職人のコテ押さえの音が響いています。
このような作業の音や丁寧な手仕事が建築のつくりを一層魅力的なものに感じさせてくれます。

e0197748_17325310.jpg
大きな壁面に手仕事による程良いムラ。
このモノリシックでラフな感じが、いい雰囲気となりました。

その日の夕方、無事左官仕上げが終了したとの連絡があり、一安心です。
職人の皆さん、お疲れ様でした。
[PR]
昨日、7月3日は僕の40歳の誕生日でした。
また、早いもので事務所を始めてちょうど4年目に入りました。
郡山の大学に入った18歳からもう22年になるのだなと、しみじみ思いました。
今までの30代と何か変わるのかまだ分かりませんが、これから出会う人、仕事、家族の為に日々頑張って、充実した40歳を過ごして行きたいと思います。

e0197748_944862.jpg
手作りデコレーションケーキと料理で家族みんなに祝ってもらいました。
(ちなみにケーキは妻が人生初めて作ったと言う。とても美味しかった!)
家族で食卓を囲む時間。やっぱり良いもんです。
Thank you my family&friends!!
[PR]
e0197748_10162556.jpg
しばらく更新が途絶えていた『香久池の家』の工事がいよいよ始まります。
工事にさきがけ、土地の神様を鎮める地鎮祭が滞りなく開催されました。
梅雨の合い間の涼しいなか、ご家族や親戚の方々にも参加していただき、これから始まる工事の安全を祈願し、ご家族の皆様は、住まいの完成をとても愉しみにしていらっしゃいました。

震災を期に、今まで生まれ育った記憶と思い出のある建物を、取り壊しての今回の工事。
ふたたび家族が集い、一家団らんの楽しめる記憶に残るような住まいを、つくり上げていきたいと強く思います。

今年の11月末の完成に向けて、工事関係者の皆様よろしくお願いいたします。
e0197748_10164266.jpg

[PR]