<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

外壁のサイディング工事が概ね完了し、一部の板貼りを残すのみとなりました。
今回は白い外壁を基調とし、凹んだ一部に板貼りのウエスタンレッドシダー(米杉)を貼り、凹凸感を出します。
今日は天気も良く、白い外壁と街路樹の緑と澄んだ青空のコントラストが美しく、夏とは違う眩しさを感じました。
もう秋が、すぐそこまで近づいて来ています。
e0197748_16403297.jpg
南東側より見る。
手前の小さなボリュームがエントランス。
これから軒下部分にウエスタンレッドシダーが貼られ、焦げ茶色で仕上げます。
e0197748_16402716.jpg
2階のデッキテラスからの眺め。
ゆるい坂道に面した高台で、大きな街路樹の緑と遠くの風景まで抜けた眺望が楽しめます。
e0197748_16402054.jpg
現場の至る所に貼ってある施工図。
この施工図は設計図を基に、現場監督が枠のチリや見付けなどの細かい納まりを、実際に施工業者や職人に伝えるために書き直した図面です。
この施工図が、建物の精度や意匠に大きく影響してきます。
現場監督の几帳面で丁寧な図面が、設計者の意図を現場に反映してくれます。
これが現場における設計監理の醍醐味でもあります。
[PR]
『公園の見える家』は今月末の完成を目指して、内装の塗装工事などが進められています。

e0197748_13244421.jpg
吹抜けのある1階LDK。
足場が残っていたり、養生シートで覆われて全貌がまだ見えませんが漆喰塗装の下地が出来上がり、雰囲気は徐々に感じられるようになってきました。
しっとりとしていて、いい感じです。

e0197748_13244999.jpg
今回はお施主さん自ら、2階個室の塗装下地から仕上げまでを行います。
プロの塗装屋さんの指導のもと、下地の処理に励むクライアントKさん。(あともう一息です、がんばってください!)

e0197748_1325162.jpg
2階個室の窓越しに、LDKの吹抜け~公園までが見下ろせ、気持ちいい空間です。ちなみにこの部屋も、クライアントが塗装下地を行いました。
だんだん、こなれてきた感がうかがえます。
[PR]
e0197748_13211885.jpg
1階キッチンより一段高いスキップフロアーの客間(和室)を見る。
客間の床は手前のLDKより1.2m高く、レベル差によるLDKからの採光・通風と視線の抜けを考慮。
また、床下には大容量の収納(約8畳)が設けられていて、生活機能をまかなうようにしました。
e0197748_13214437.jpg
その客間は階段の踊場レベルにあり、上階のスペースと緩やかにつながっています。
左側の出窓ベンチから街路樹の緑を内部空間に届け、左上部はロフト、右は2階のサブリビングに吹抜けを介してつながります。
客間ではありますが、この家の中心であり二世帯をつなぐプラットフォーム的なスペースです。
e0197748_13214997.jpg
2階個室から、奥のロフトを見る。
このように様々な抜けと大小のつながりの空間を、各スペースに散りばめました。
[PR]