<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

普段よく使う照明に、昔ながらの白い陶器のモーガルソケットをペンダントとして使ったり、ブラケットにして使うことがよくあります。
そこで問題になるのが、裸電球です。
見た目や光り方が綺麗なのは白熱灯ですが、電球自体が熱くなるのと電気代などのことを考えるとLED電球が望ましいのですが、どうにも形がいまひとつしっくりとくる物がありませんでした。
しかし最近になって、(株)ビートソニックの影美人なるLED電球を見つけ自宅にさっそく取り付けてみました。
e0197748_14593436.jpg
手前が影美人LED電球、奥が白熱灯。大きさはほぼ同じサイズ。
このLED電球はうれしいことに、ガラス製のグローブを使っていて、銅色の放熱板のディテールも良し。
惜しいのは口金E26タイプは360ルーメン(40W相当)しかなく、これから810ルーメン(60W相当)の物がでるともう少し使いやすくなると思い、期待しています。
e0197748_1459292.jpg
手前が影美人LED電球使用、奥が白熱灯使用。
ガラス製のグローブのため見た目は、あまり違和感を感じない。
e0197748_1503858.jpg
ブラケットに影美人LED電球使用。
e0197748_14585942.jpg
光り方も白熱灯のフィラメントに近く、商品名にもなっているようにきれいな影ができます。
このように照明器具本体でなく、電球本体の形や光り方、素材感が従来の白熱灯に近い物が登場したのは、設計者としてはうれしい限りです。
[PR]
『リボーンハウス』は土間床のコンクリート工事が行われました。
仕上げとしてそのまま土間の三和土(たたき)となる部分にはカラクリートというコンクリート用の着色材を使い、防塵と表面の硬化を期待しています。着色といっても塗装するのではなく、色の付いた粉を散布し、コンクリートに含浸させます。このため後で色が剥がれたりしにくくなり、自然な色むらやコテむらがいい具合に出ます。
e0197748_11544248.jpg
玄関部分はブラック、ホール~廊下などはライトグレーのカラクリートを使用しました。
墨のような濃いマットブラックの玄関床となりました。

e0197748_11534781.jpg
玄関には薄い庇も取付き、外部の土間テラスもできました。
これから目隠しの板塀が取付き、プライベートコートになります。

e0197748_1153435.jpg
長さを利用しドックランとしても使え、広場にはペット用の温水立水栓を設け、人も動物もアクティブに使えます。
[PR]
e0197748_16295713.jpg
『リボーンハウス』は蓄熱式床暖房のスラブヒーターが敷設され、いよいよ土間コンクリートの打設に入ります。
土間床全体を蓄熱体とした床暖房は、長時間に渡り空間全体を程よい温かさで包んでくれます。
今シーズンはもう温かくなってしまったので、体感できるのは来シーズンですが。
e0197748_16302014.jpg
屋根の板金工事もおおよそ完了しました。
勾配が変化する下屋の屋根も、板金屋さんの手業で一枚を折り曲げて葺いてもらいました。
今まで雨漏りしていた部分ですが、これでひと安心です。
e0197748_16302942.jpg
立ちハゼ葺きのハゼ締めには専用の工具を導入し、かしめていきます。
これで見た目が、美しい立ちハゼ葺きとなります。
[PR]
この家で暮らし始めてから、1年と少しが経ちました。
ここでの暮らしは、家族にとって今まで味わったことのない様々な体験が心地よさをもたらし、暮らしに彩を添えています。
屋上テラスで遊ぶハンモックや夏のプール、遠くに見える雪をかぶった安達太良山、空に見える星やお月様、夕焼け、たまに通る人工衛星など今では子供たちにとっても楽しみのひとつになりました。
e0197748_1444692.jpg
去年のゴールデンウィークにみんなで植えたヤマボウシ。今年も美しい白い花を咲かせてくれました。
e0197748_145773.jpg
ランチ後の出窓ベンチでのひととき、まったりとした時間が流れます。
長女が小学校から帰ってくるのも、この窓から眺められます。
e0197748_1452231.jpg
背丈ほどだったネムの木は、もう少しで天井に届きそうなほど育ちました。
e0197748_146272.jpg
静かな夕暮れ時。
色々な大きさの夕日が壁面を赤く染めます。
[PR]
五月に入り、だいぶ暖かくなってきました。
もうすでにゴールデンウィーク休暇にに入っている方などもいるでしょう。当事務所は明日から暦通りのお休みとなります。

リボーンハウスの現場も徐々にではありますが、着々と進んでいます。
今日は屋根の板金葺きと基礎工事などが始まっています。
リノベーションは新築と違い、現場に行って大工さんと既存の現状をひとつひとつ確認しながら、納まりなどを決めることも多くあります。これがリノベーションの大変な所でもあり、醍醐味でもあります。
e0197748_14514171.jpg
新たに基礎を追加する部分は、既存基礎に鉄筋をアンカーして一体化します。
e0197748_14515218.jpg
床の土間コンクリートも追加します。ひげ筋といわれる鉄筋を既存基礎にアンカーして、基礎と土間を一体化し基礎の水平剛性をアップさせるとともに、床暖房ヒーターを全面に敷設し蓄熱体としても機能させます。
e0197748_1415128.jpg
既存の土台が床の土間コンより下になるため、コンクリートが土台に直接触れないようにと湿気を防止するために、表面がウレタン塗装のパネコート(化粧型枠)を土台側面に取付けました。
e0197748_14151263.jpg
屋根はマットなダークブラウンのカラーガルバリウム鋼板立ちハゼ葺きとしています。
外壁も同色でこれから貼ります。
[PR]