<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0197748_914246.jpg
1920年代の建物が今も建ち並ぶダウンタウンに1930年代に建てられたアールデコの百貨店:Broadway-Loft。ブルータイルの大きな時計台とロゴが特徴のこの建物が143軒のコンドミニアムロフトにリノベーションされ、世界的にも有名なランドマークとしてよみがえりました。
因みに今年の雑誌Pen6月号の表紙も飾ったこの建物、当日はこの屋上を使ってドイツビールのCM撮影が行われていました。
ダウンタウンの街並みを、見下ろす屋上プールが澄んだ青空に映えます!
e0197748_914758.jpg
拝見させて頂いた一室はクラシカルモダンに改装され、ヴィンテージ家具の似合う居心地の良いロフトになっていました。
オーナーの目利きによる調度品や家具など洗練されたセンスの良さがうかがえます。
ここの窓から見える風景は、まるで1920年代にタイムスリップしたかのような本物のアールデコの街並みが見下ろせました。
e0197748_915638.jpg
お昼の後は日本にも上陸間近のコーヒー界のアップルと呼ばれている「ブルーボトル・コーヒー」をひと足先に味わってきました。
ショップの空間はインダストリアルな物とシャビーな木の感じや色合いが、街の風景や雰囲気とも溶け込みとても格好良かったです。
e0197748_92276.jpg
手間をかけて淹れられているコーヒのお味も格別。ブルーボトルのロゴも小振りでお洒落、日本でもブレイク間違いなしでしょう。
e0197748_922456.jpg
そして僕自身このツアーの最大の愉しみである、LAの建築家:ジョン・ロートナー設計による『Goldstein House:1963年』の見学、ついにその時がおとずれました。
ビバリーヒルズの山の斜面に寄り添うように建つこの建物。エントランスは低く抑えられ、これから待ち構える内部空間の序章的な見え方に期待がふくらみます。
e0197748_923776.jpg
エントランスから続くダグラスファーの板張り天井に導かれるように、亜熱帯のジャングルの奥地に向かうような長いアプローチを奥へと進んで行きます。
すると対面には透き通るガラスの壁が徐々に現れてきます。下は水盤の池になっていて、飛び石から錦鯉が気持ち良さそうに泳いでいるのが見えます。
e0197748_924616.jpg
そして三角形のワッフルスラブの屋根天井を持つリビング。
その奥には鋭角広がりなプール~三角形に切り取られた見事なLAの街並みへと視線が連続していきます。
造り付の家具も三角形や台形などをモチーフに、その空間や方向性に合わせて慎重に配置されています。
e0197748_931625.jpg
天井の三角形のワッフルスラブには無数の小さな丸い穴が空き、やさしい光をとどけます。
造り付けの家具や植物も内外の区別なく、浸食していて不思議な空間体験が出来ました。
e0197748_9357.jpg
岩山の斜面を削り生活の場となるコンクリートのオープンエンドな洞窟のような空間。
壁らしい壁は存在しなく、当然サッシ開口部はなく、すべて透き通るフレームレスガラスで内部と外部を緩やかに分け、周囲の緑豊かな環境に守られた気持ち良い生活ができるようになっています。
e0197748_933047.jpg
地下のマスターベッドルーム。
フレームレスな鋭角の突付ガラスは電動で両側に引き込まれ眼下には緑豊かな山の斜面と広大なLAのパノラマが広がり、斜面を吹き登ってくる太平洋からの乾いた風が気持ちいい。
e0197748_933723.jpg
岩山の斜面に三角形のキャンティで、飛び込み台のごとくスラブとガラスが突き出しています。
周囲からは数十年かけて育った山の緑と建物とガラスが同化し、存在がはっきりと分からないような見え方です。
e0197748_934424.jpg
庭のジャングルのような岩山を数十メートル下っていくと、なんとジェームズ・タレルの巨大なアートが存在しています。
大きな穴のような開口部が電動で開閉し、朝から夜までの時間のうつろいや環境体験をできるようなこのアートハウス、個人邸にこれがあるとは驚きです。さすがビバ・アメリカ!
この建物との出会いは今から約20年前の大学生時代。たまた購入した建築雑誌GA HOUSE 32号でジョン・ロートナー特集を見たのがきっかけです。
まさか自分が個人宅のこの建物を実際に体験できるとは、まるで夢のひと時のような至福の時間でした。
一般公開はされていない為、もう二度と体験することはできないでしょう。今回は本当にラッキーでした。
今回のこのツアーの一部は、最近復刊した伝説の雑誌CAL(キャル)の12月29日発売号:ヴィンテージ住宅特集に掲載予定とのことです。
[PR]
e0197748_2172487.jpg
ベニスビーチのローズカフェ。
この地区は古い倉庫をリノベーションしたレストランやカフェがたくさんあり、多くの若者たちで賑わっています。
ここで食べたランチのカレーもなかなか美味しかったです。
e0197748_2175284.jpg
近くにはフランク・ゲーリ―設計(1991年)による、シャット/デイ/モージョー広告代理店がありました。
世界で一番有名な双眼鏡のあるエントランスを持つ社屋で、右側は樹木を抽象化したメタリックフォレストと呼ばれる銅板の建物。
今見ると何かのテーマパークのような感じに見えました。
e0197748_2183738.jpg
ベニスビーチのローズホテル。
もともとはサーファーが宿泊する安ホテルをプラダ等の広告フォトグラファーとして活躍している:グレン・リッチフォードさんが買い取り、自分好みのデザインホテルに改装した建物です。
色々な雑誌やメディアに取り上げられ、今の西海岸を代表するスタイル。
e0197748_2181451.jpg
ローズホテルロビーラウンジ。ビンテージな家具が置かれ、リノベーションされたシャビーシックな空間が何とも居心地が良かったです。
e0197748_21161377.jpg
受付カウンターは元々の物を、手入れし使っているとのこと。
イサム・ノグチのあかりと背面のシャビーなスチールの黄色い伝票入れが、何ともおしゃれ。
e0197748_21105446.jpg
地元の建築家:デビット・ハーツさんの自邸。
3棟の建物で水盤のある中庭を取り囲む、アジアを意識した開放的な住宅で、ソーラーパネルによる発電や水盤による雨水利用、屋根には給湯器に温水を提供する放射加熱システムなどを取り入れた環境・住宅として、サスティナブル・リビング・アワード2004を受賞した建物。
e0197748_21112126.jpg
水盤に反射した光が欄間を通して天井に揺らぎ、気持ちの良いリビング。
欄間の下には、イームズオリジナルのギブスが飾ってありました。
プロジェクトに協力したデビットさんに、なんと奥様のレイ・イームズさんから直々に頂いた物だそうです。
e0197748_21113519.jpg
2階はデビットさんの奥様でフォトグラファーのオフィス。
独自に開発した軽量コンクリートのカウンターが渋い光沢を放ち、樹木を通して入ってくる乾いた風が気持ち良い。
e0197748_21115329.jpg
デビットさんはSCI-Arc :サイアーク出身で、その後LAの建築家ジョン・ロートナー(F・Lライトの弟子)に師事されていたそうです。(ジョン・ロートナー設計の住宅はLA建築視察No.4で紹介します
e0197748_21432976.jpg
深い庇と大きな木製建具が西海岸ならではのオープン・エアーで開放的な連続空間をつくり出しています。
因みにこの辺りは、夏でも蚊がいなく網戸もほとんどありません。羨ましい限りです。
他にも精度の高い全開口木製建具や組子階段、開閉する木製ルーバーのディテールなど見どころ満載。
これら環境に配慮し、土着性や風土を意識した建築、僕自身建築家として多くの見習うべきものがありました。
[PR]
e0197748_1050579.jpg
『つながりの家(自邸)』が明日10月21日発売の住宅雑誌リプラン東北Vol.46のTOHOKU ARCHITECTに4ページに渡り掲載されました。
お近くの書店で、つながりある陽だまりの空間を是非ご覧ください。
[PR]
e0197748_17425135.jpg
まずはチャイニーズシアターから見えるお約束のハリウッド看板。
実際に見えるとしばし感動!
e0197748_17441411.jpg
ファーマーズマーケットを視察。
オープンの食事スペースと野菜店や肉・ファーストフード店などが近くのショッピングモールに付随して建ち並び、西海岸らしい気持ちが良く楽しそうな木陰空間が続いている。
e0197748_17443167.jpg
近くのショッピングモールにあるバナナパブリックのショップ。
煉瓦タイルと鉄骨の組み合わせが、なかなか素敵です。
e0197748_17523248.jpg
宿泊先はSOFITEL LOSANGELESというヨーロッパ調のデラックスホテル。
ビバリーヒルズの大通りに面し、目の前には大きなショッピングセンター(通称:ビバセン)などがあり、買い物や食事に便利な立地。因みにこの翌々日にビバセン内にユニクロがオープンしました。
客室はフレンチカントリーのモダンエレガントな空間で、居心地も良し。
e0197748_1801850.jpg

e0197748_1759465.jpg
ビバリーヒルズに建つ、アメリカン・クラシックスタイルの邸宅。
デコレーターによるシンメトリーのコーディネイトや調度品が格調高い空間を作り出している。
リビング外部のダイニングスペースがプール~庭に続いている。
e0197748_1805879.jpg

e0197748_1812196.jpg
ハリウッドを見下ろす山に1950年代に建てられたヴィンテージハウス。
連続するアーチをモチーフにリビングテラス~庭・プールと広がりのある効果を生んでいる。
眼下には息をのむようなLAの街がパノラマに広がっている。
それにしても雨の降らない西海岸なのに、街のみどりの多さに驚く。約700km彼方から水を引き、スプリンクラー等の設備を設け、賄われているとのこと。それで季節によって水の使用制限があるようです。
この近くにはケーススタディーハウスNo.22(LA建築視察No.1参照)が見える。
この2件とも、アウトドアリビングが西海岸の気持ち良さを感じられます。
[PR]
一週間ほどお休みを頂き、家具メーカーADコア(本社:東京広尾)の企画によるLA建築インテリア研修に参加してきました。
ハリウッドやビバリーヒルズ、ダウンタウンの住宅やロフトを中心に、今回特別に内部まで見学させて頂けたものもあり(通常は非公開)、とても見ごたえのある旅でした。
これから、この貴重な体験を仕事にも生かして行きたいと思います。
e0197748_0162482.jpg
ルドルフ・シンドラー自邸(1922年)一般公開:レギュラーなスリットからの光と欄間からのシャープな光が印象的。床はにぶいつやのあるコンクリートの土間がどこまでも続いている。
e0197748_0164470.jpg
シンドラー邸:暖炉のあるダイニング。
小屋組み現しで天井高さをミニマムに抑え、コーナーウインドや欄間が効果的に外部を取り込んでいる。

e0197748_0163542.jpg
シンドラー邸:軒の低い庇と外部暖炉のあるコンクリートの壁がコの字型に中庭を囲む。
大きなねむの木が、涼しげな木陰をもたらしている。

e0197748_018780.jpg
フランク・ゲーリーのディズニーコンサートホール(2003年)は車窓から。
にぶい艶のうねるステンレスの外壁が巨大な彫刻のごとくダウンタウンに強烈なインパクトをもたらしている。
e0197748_0264623.jpg
ナビスコの社屋(1925年)をリノベーションしたペントハウスのロフト。
元々のオーナーは映画監督のビンセント・ギャロ(ルート66が有名)。譲り受けた現オーナーはテートモダンをリスペクトし空間をづくりを行ったと言う、スケールを越えた新旧の対比と調和が見事な空間。
e0197748_0271683.jpg
ハリウッドヒルからケーススタディーハウスNo.22を見る。大きなガラス面がロスの街を見下ろしている、言わずと知れたLAモダンのアイコン的住宅の傑作:ピエールコーニッグ 設計1960年
[PR]