<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先日までの春のような陽気が一転、ここ数日は粉雪舞う寒い冬に逆戻りの郡山です。
さて『風景の抜ける家』は基礎コンクリートの打設が完了しました。
来週は土台入れと建て方そして、いよいよ上棟が待っています。
今日は上棟に先駆け、恒例の天井現しとなる構造用合板の選別にストックしてある倉庫に行ってきました。
e0197748_10151945.jpg
エッジの効いた硬質なベタ基礎が完成しました。
e0197748_10152712.jpg
厳選されたラワン構造用合板。
今回も赤みと程よい木目のいい出物がそろいました。
[PR]
近頃はだいぶ暖かくなり、いよいよ春の訪れを感じる日々です。
さて、三春町に設計を進めている4人家族の為の住宅です。
敷地は道路からの高低差のある土地で、住宅地として整備され周囲にはいくつか戸建て住宅が建っています。
計画のこの土地は、南側の前面道路が約2.4m下がっていて、道路の存在を感じることなくパノラマの眺望が手に入る場所です。
この土地の魅力を最大限発揮でき、家族がお互いの気配を感じつつ仲良く暮らせる大らかな空間を検討しています。
因みに滝桜が有名な三春町ですが、今年の開花予想は4月中旬 ~ 4月下旬 だそうです。
e0197748_17393899.jpg
穏やかな風景の広がる眺望。正面の林の先には小学校が遠くに見えます。
e0197748_17433167.jpg
片流れ屋根を持つ、シンプルでコンパクトな外観。
2階建てですが、軒を低く抑え平屋のようにも見えます。
下の道路から見上げるようになるため、さらに低く見える様に意図しています。
[PR]
『風景の抜ける家』は地鎮祭の後、擁壁工事が終わり基礎の配筋工事へと順調に進んでいます。
今日は明日の基礎コンクリート打設に先駆け、基礎配筋の検査に行ってきました。
e0197748_16571041.jpg
200ピッチで規則正しく格子状に組まれた鉄筋。
コンクリートが打ち上がると、1階の大きさが敷地にフットプリントされます。そして土台入れ、建て方と進んで行きます。
e0197748_16571411.jpg
ここ数日は、現場監督から送られてくる緻密な施工図をチェックし、赤書きでバックするという作業を繰り返しています。
この施工図は設計図を基に実際に工事するための詳細な納まりや部材の大きさなどか書かれた図面で、施工の出来にかかわってくるとても大切な図面です。
『神は細部に宿る』建物となるよう、このようなフィードバックや検討など細かい作業の積み重ねとこだわりが、ものづくりには必要です。
[PR]
昨年から検討をしている『船引半島の家(ふねひきはんとうのいえ)』。
なぜこのネーミングかと申しますと、別に海に面しているわけではありませんが敷地の形状がちょうど半島状の形で周囲を道路がぐるっと囲み、これを川に見立て仮称ですがこのネーミングとしました。半島=ペニンシュラとも言い、キッチンなどでよくペニンシュラ型などと耳にしますね。
敷地は穏やかな山並みや田園風景の広がる里山の中にあります。
しかしこれから前面に住宅などが建ち並ぶことが予想され、これらを考慮した周囲からの見られ方、敷地と建物のリンクした形状などを模型とプランで検討中です。
e0197748_1821610.jpg
e0197748_18211168.jpg
片流れ直角三角案:平屋的な大屋根の佇まい
e0197748_18212057.jpg
e0197748_18212464.jpg
矩形雁行案:ルーフテラスのあるフラットな佇まい
e0197748_18213423.jpg
e0197748_18213990.jpg
変形勾配雁行案:裏山からの稜線をイメージさせる佇まい
[PR]
週末は今年1月にお引き渡しした『空庭の家』に家族揃って、お招き頂きました。
奥様の手の込んだ、美味しい料理にみんな舌づつみ。
ご主人の趣味のオーディオでいい音のBGMをバックに聞きながら会話がはずみ、ほっこりとした楽しい時間を過ごさせて頂きました。
このような貴重な機会を今後の設計の励みにしてモチベーションを更にあげていきたいと思います。
ありがとうございました。
e0197748_105555.jpg
e0197748_10551299.jpg
うちの子どもたちは、中学生の娘さんにピアノを教えてもらったりと、楽しく遊んでもらいました。
e0197748_1055184.jpg
ハンス・ウェグナーのGE290シリーズのビンテージソファーも居心地のいい空間にマッチしていました。
ご主人こだわりのオーディオセットも今回製作させて頂いたラックに、きっちりとビルトインされました。ペットゲージから、子犬のSちゃんもさりげなくこちらの様子をうかがっています。
e0197748_10552298.jpg
和室では、お雛様も飾られていました。もうすぐ春ですね!
[PR]
早いもので今週から、もう三月ですね。二月はなんかあっという間に終わってしまった感じがしています。今年は幸いにして去年のような大雪も降らず比較的暖かい郡山の冬です。
さて、正月からしばらく更新が途絶えていた「相生の家」ですが、春先の完成に向けて工事は順調に進んでいます。
e0197748_10282384.jpg
外装の緑色に見える遮熱防水シートも貼り上り、だいぶボリューム感が見えてきました。
これから軒下部分の外壁はウエスタンレッドシダーの板が貼られ、その他の部分は左官仕上げによる大壁となり、テクスチャーの違いが外観に凹凸のある表情を生み出します。
e0197748_10283168.jpg
コの字の建物で囲まれた中庭の感じも出てきました。
西側は近くを走る、わたらせ渓谷鉄道の線路と土手が見えます。
僕らが育った見慣れた風景も、中庭越しに見るとまた違った景色に感じられます。
e0197748_1028374.jpg
トップライトのある、ルーフテラスもこの中庭に面しています。
屋根を一部窪ませて、道路側からはあえて存在がわからないようなつくりにしています。
e0197748_10284275.jpg
中庭に面する1階LDKの感じも、見えてきました。
中庭を通して自分の建物を見る・見られる関係も、なかなか面白いものです。
[PR]