今日から12月。今年も早いもので残すところ1か月となりました。
さて今年の春先に安達郡大玉村に完成した『半勝陶器店』の竣工写真が出来上がりました。
大屋根の低い軒先から続く、麦わらと木に包まれた森のような大らかな空間をご覧ください。(photo by 佐久間正人)

半勝陶器店
〒969-1302 福島県安達郡大玉村玉井字東町123-1
TEL0243-24-5822 開店時間9:30~18:00 定休日 水曜日
e0197748_16423319.jpg
南側外観
e0197748_16424532.jpg
南西側外観
e0197748_16434675.jpg
西側外観
e0197748_16433534.jpg
大屋根鳥瞰
e0197748_17085458.jpg
アプローチギャラリー
e0197748_16450659.jpg
ショップ・ギャラリー
e0197748_16451979.jpg
陶芸教室より工房を見る
e0197748_16453166.jpg
      作業場
e0197748_16455021.jpg
工場(窯場)
e0197748_16461327.jpg
アプローチギャラリー(夜景)
e0197748_16460139.jpg
ショップギャラリー(夜景)


[PR]
今年の夏にお引き渡しをした『さくらの家』の3か月点検に施工者とともに伺いました。家具や照明、インテリア雑貨などお施主様の目利きでセレクトされた逸品たちが所々に置かれ、素敵な雰囲気の住まいとなっていました。
e0197748_17505293.jpg
スキップフロアーの踊り場ベンチが、すっかり子供たちのお絵かきスペースになっています。
e0197748_17505677.jpg
今のところワンルームの姉妹のお部屋は、モビールや照明など女の子らしく素敵に色づけされています。
e0197748_17504652.jpg
庭の植栽はまだこれからですが、少しづつお施主様が自分たちで植木や鉢植えなどを置きグリーンのある風景になりつつあります。写真はオリーブの木。
e0197748_18054593.jpg

[PR]
今年の春に竣工した『半勝陶器店』を写真家:佐久間正人さんに撮影をしてもらいました。
陶器の器や花器、作業用の機械や道具が置かれ、竣工当時とはまた違った現在進行形の使われているリアリティーある空間が切り取れたのではないかと思います。写真の出来上がりが楽しみです。
e0197748_18354516.jpg
秋晴れの最高の天気に恵まれ、いい撮影ができました。
庭の植物も夏を元気に過ごし徐々に落ち着いてきました。コールテン鋼の看板もいい錆色に変化し、初めは金ピカだった真鍮の文字もマットな渋い具合になってきました。
e0197748_18351790.jpg
ショップ・ギャラリーにも徐々に出来上がってきた焼き物が並び、お店らしい雰囲気に。
11月のオープンもいよいよ間近です。
e0197748_18362094.jpg
陶芸家の半谷勝則氏がつくる陶器が毎日ひとつひとつ、丁寧に作られています。
上の棚には乾燥中の白い陶器が並び窯に入れられるのを今かと待っています。棚の横桟木には竹を使い棚板を出し入れする際の滑りとシナリを考慮しました。
陶芸教室も随時開催予定とのことなので自分好みの陶器や器を作りたい方、ご興味のある方は下記までお問い合わせ下さい。
〒969-1302 福島県安達郡大玉村玉井字東町123-1
TEL0243-24-5822 開店時間9:30~18:00 定休日 水曜日



[PR]
『小和滝の家』homifyのモダンな魅力のあるスキップフロア5選!に掲載されました。
桜並木をはじめ、裏には自然豊かな山の景色、阿武隈川のせせらぎを感じられる穏やかで心地よい環境にある、4層のスキップフロアで構成された、家族がピクニックを楽しめるような家です。家の中心を貫くクレバスのような通り土間からフロアが分かれ、まるで谷間を流れる川を見下ろすような景色が家の中に広がります。適度な距離を保ちながら家族が思い思いの場所でくつろぐことができ、四季折々の景色を眺めながら心地よい時間が過ごせます。半地下の和室から一番上のフロアまで、4階建のようなわくわくする空間がひとつ屋根の下に広がっています。
e0197748_09485560.jpg


[PR]
「さくらの家」福島市
e0197748_17564152.jpg
10月1日・2日にビッグパレットふくしまで開催される建築家とつくる家づくり展に参加します
家づくりをお考えの皆様、お気軽にお越しください。

[PR]