タグ:カラーガルバリウム鋼板 ( 13 ) タグの人気記事

カラーガルバリウム鋼板の平葺きがいよいよ始まりました。
通常の平葺きとはひと味雰囲気を変えていて、長尺葺きで段をより強調させライン状の陰影を生み出すようにしています。平葺きと言うより、よろい張りの感じです。
コーナーもシャープにエッジを効かせ、役物を使わない納まりとしています。
板金屋さんには非常にレベルの高い仕事をして頂いております。
もう一種類使用するフラットな外壁と建物のボリュームの違いを外壁でも表現しています。
e0197748_1832154.jpg
e0197748_1833324.jpg

[PR]
e0197748_19521060.jpg
今回も須賀川の『フレミングの家』で採用した、エアギャップシートをルーフィングを兼ねた遮熱層として使用しております。
雨音に対する防音効果や遮熱効果、野地板の湿気防止となかなかの優れものです。
見た目は激しいクリクリパーマのような樹脂の毛とタイベックシートで出来ています。

e0197748_19522996.jpg
外壁の板金色に合わせて上下の屋根も微妙に板金の色を変えています。
なかなか写真では伝わりにくいと思いますが、外壁が貼りあがるとボリュームとして現れてくるのでわかるようになると思います、もう少しお待ちください。
誰にも気づかれないような所にも、設計者としてのこだわりを持ちたいものです。

e0197748_19523546.jpg
アルミ樹脂複合サッシも取付けられ、風景の見え方や奥行きが感じられるようになりました。
今回は風景を切り取るようにスクエアな小窓と横長スリット窓を使い分けています。
(YKK AP:エピソードタイプS、APW310を使用)
[PR]
e0197748_1634434.jpg
屋根葺きの板金工事が完了しました。
今日は朝から気温も低く風も吹く寒い中、板金工事が行われ施工業者の皆さんお疲れ様でした。
遮熱通気防水シートとのより良い施工方法に付いて検討していただき、美しい立ちハゼが葺きあがりました。
e0197748_1635087.jpg
外壁の下地とサッシも徐々に取り付き、外観の姿が現れつつあります。
いよいよ来週は、リビング南側の2m×2mの大きなガラスの取付が待っています。
今から、どのようにサッシにはめ込むか、試行錯誤中です。

e0197748_16351137.jpg今日の空の天気は荒れ模様で、会津の山間部では雪になるそうです。
今朝のニュースで札幌でも雪が降っていました。例年より5日早いとのことです。
今年の夏は残暑が厳しかったですが、冬の寒さも今年は厳しそうです。

[PR]