リボーンハウスはテラスを囲む目隠し板塀が出来上がりました。
e0197748_14223037.jpg
高すぎず低すぎず、絶妙な高さの目隠し板塀としました。
平屋のボリュームと相まって、板塀が出来たことで建物が低く、より長く感じられるようになりました。
e0197748_14223610.jpg
玄関の低い庇と板塀が水平性を出しています。
e0197748_14224167.jpg
内部の塗装も、いよいよ完成に近づいてきました。
白漆喰塗装と木部のブラウン色の違いとテクスチャーが、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
[PR]
今日から7月、今年も早いもので半年が終わりました。
さて『リボーンハウス』は今月末の完成に向けて、外壁が概ね貼り上がりました。
e0197748_23183856.jpg
カラーガルバリウム鋼板で覆われたダークブラウンのソリッドな家型が、現れました。
手前の下屋の庇は、なるべく薄く低くおさえ玄関エントランスの穏やかな表情と演出をします。
因みに再生前はこんな感じでした。
e0197748_23184329.jpg
庭側より見る。
平屋は伸びやかなプロポーションが良く、庭との関係もいい具合です。
庭もこれから、庭師により手入れをしてもらい再生します。
e0197748_23184830.jpg
トップライトを眺めるお施主様。
トップライトからのぞく空と雲の流れを、しばし感慨深そうに眺めていらっしゃいました。
今まで暗かった中廊下に一筋の光が時間を刻み、風を届けます。
左のカーブする壁にも美しい光のグラデーションが現れます。これから仕上げに化粧ラワンベニヤが貼られます。
e0197748_23185379.jpg
主寝室・ラウンジも天井ベニヤが貼られ梁と小屋組みを現し、天井が高くダイナミックな空間に生まれ変わりました。
手前はH=2.0mのウッドパーテーションで空間を緩やかに仕切ります。
[PR]
リボーンハウスは解体と改築工事が同時進行で進められています。
e0197748_16224298.jpg
外観は変更した屋根勾配の感じもできて、余計な形をそぎ落としたようなソリッドな形になりました。
e0197748_1623096.jpg
アルミサッシが取付き防水シートも貼られ、だいぶ「らしくなって」きました。
e0197748_16231128.jpg
電動開閉式のトップライトも新たに設置され、今まで光の届かなかった中廊下に採光と通風を取り入れます。
[PR]