人気ブログランキング |

『横塚の家』 基礎配筋検査

地鎮祭以来更新が途絶えておりましたが、基礎の工事が進められています。
今日は基礎の配筋が組みあがり、配筋検査をして来ました。
今回の基礎はベタ基礎ですが、通常ある立ち上がりを無くしコンクリート打設を1回で終わらせます。そのコンクリートの仕上げが、一部直接内部の床のとして見えてくるため、明日のコンクリート打設は緊張感のある施工になります。
現場監督と職人さんの手腕に期待しております。
『横塚の家』 基礎配筋検査_e0197748_13153959.jpg
基礎外断熱として、前回の『田園の家』で採用し、好評だった夜間電力を使った床蓄熱式のスラブヒーターを使います。配筋の間の黄色い物がスラブヒーターの電熱線です。
このスラブヒーターで約30坪の1階~2階~ロフトまで温度差の無い全館暖房をします。
by maenaoarchi2010 | 2012-04-11 13:22 | 横塚の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maenao.exblog.jp/tb/17748066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]