人気ブログランキング |

『横塚の家』 家具的な薄い壁

内部もだいぶ形になって来ました。
一部の間仕切り壁にランバーコアと言う厚さ24mmの薄い木のパネルを使い、建て込みが行われています。
床面積の小さな住宅に、通常の壁厚で間仕切りをしてしまうと空間がもったいないのでこの手法を使っているのと、壁や建具を家具の延長として考え、統一性を持たせた空間表現としています。
e0197748_2058553.jpg
ウォークスルークローゼットの造作も出来つつあります。
呼び名のごとく、クローゼットを通り抜け各室へアクセスします。
ここが家族共有のクローゼットとして機能します。
e0197748_20585998.jpg
木の架構との納まりを確認しながら、パネルを取り付けて行きます。
by maenaoarchi2010 | 2012-06-06 21:11 | 横塚の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maenao.exblog.jp/tb/18128284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]