NEW『空庭の家(そらにわのいえ)』(仮称)設計スタディ中

市の中心部、大通りから一本入った静かな場所に設計を進めている、ビルトインガレージ付の住宅です。
北側道路からのプライバシーや奥行きのあるアプローチ、南側に見える浄水場の緑と池、スキップフロアーでお互いの気配を緩やかに感じられる空間など、様々な要素を断片的にくみ上げスタディをしています。
2階のLDKから更に半階上がったレベルに空庭のテラスを設け、プライバシーのある庭として、光と風・眺望・切取られた空を取り込むよう考えています。
e0197748_18355.jpg
2階LDKのイメージスケッチ。
半階上がった『空庭』が見える。
e0197748_183463.jpg
南西側から見る。
大きさの違う箱がレベルを変え、絡み合いながら陰影のあるボリュームを形づくる。
e0197748_18351100.jpg
北西側から見る。
道路に対しては、すました表情の落ち着いた佇まい。
[PR]
by maenaoarchi2010 | 2013-08-23 18:13 | 空庭の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maenao.exblog.jp/tb/20970474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]