『リボーンハウス』スラブヒーター&屋根工事。

e0197748_16295713.jpg
『リボーンハウス』は蓄熱式床暖房のスラブヒーターが敷設され、いよいよ土間コンクリートの打設に入ります。
土間床全体を蓄熱体とした床暖房は、長時間に渡り空間全体を程よい温かさで包んでくれます。
今シーズンはもう温かくなってしまったので、体感できるのは来シーズンですが。
e0197748_16302014.jpg
屋根の板金工事もおおよそ完了しました。
勾配が変化する下屋の屋根も、板金屋さんの手業で一枚を折り曲げて葺いてもらいました。
今まで雨漏りしていた部分ですが、これでひと安心です。
e0197748_16302942.jpg
立ちハゼ葺きのハゼ締めには専用の工具を導入し、かしめていきます。
これで見た目が、美しい立ちハゼ葺きとなります。
[PR]
by maenaoarchi2010 | 2014-05-16 16:42 | リボーンハウス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maenao.exblog.jp/tb/21998803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]