『リボーンハウス』土間コンクリート工事。

『リボーンハウス』は土間床のコンクリート工事が行われました。
仕上げとしてそのまま土間の三和土(たたき)となる部分にはカラクリートというコンクリート用の着色材を使い、防塵と表面の硬化を期待しています。着色といっても塗装するのではなく、色の付いた粉を散布し、コンクリートに含浸させます。このため後で色が剥がれたりしにくくなり、自然な色むらやコテむらがいい具合に出ます。
e0197748_11544248.jpg
玄関部分はブラック、ホール~廊下などはライトグレーのカラクリートを使用しました。
墨のような濃いマットブラックの玄関床となりました。

e0197748_11534781.jpg
玄関には薄い庇も取付き、外部の土間テラスもできました。
これから目隠しの板塀が取付き、プライベートコートになります。

e0197748_1153435.jpg
長さを利用しドックランとしても使え、広場にはペット用の温水立水栓を設け、人も動物もアクティブに使えます。
[PR]
by maenaoarchi2010 | 2014-05-28 12:05 | リボーンハウス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maenao.exblog.jp/tb/22057357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]