NEW 仮称『船引半島の家』の只今 スタディ中!

昨年から検討をしている『船引半島の家(ふねひきはんとうのいえ)』。
なぜこのネーミングかと申しますと、別に海に面しているわけではありませんが敷地の形状がちょうど半島状の形で周囲を道路がぐるっと囲み、これを川に見立て仮称ですがこのネーミングとしました。半島=ペニンシュラとも言い、キッチンなどでよくペニンシュラ型などと耳にしますね。
敷地は穏やかな山並みや田園風景の広がる里山の中にあります。
しかしこれから前面に住宅などが建ち並ぶことが予想され、これらを考慮した周囲からの見られ方、敷地と建物のリンクした形状などを模型とプランで検討中です。
e0197748_1821610.jpg
e0197748_18211168.jpg
片流れ直角三角案:平屋的な大屋根の佇まい
e0197748_18212057.jpg
e0197748_18212464.jpg
矩形雁行案:ルーフテラスのあるフラットな佇まい
e0197748_18213423.jpg
e0197748_18213990.jpg
変形勾配雁行案:裏山からの稜線をイメージさせる佇まい
[PR]
by maenaoarchi2010 | 2015-03-13 18:33 | 船引半島の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maenao.exblog.jp/tb/22875602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]