『さくらの家』スケッチについて

しばらく更新が途絶えていた『さくらの家』ですが、設計もいよいよ大詰めを迎えています。
空間のつながりや内観のイメージをクライアントと共有するため、スケッチや模型、実際のサンプルや写真などを使い打ち合わせを行います。
今や3DやCG等のデジタルを駆使する事務所も多いのですが、僕はアナログにこのような方法を使い、クライアントとお互いにキャッチボールをするように設計を進めていきます。
スケッチを描くことで、今まで見えなかったことに気づくことも多々あります。
スケッチでは材質や色合い、空間全体の把握と設計図面では表現しにくい空気感のようなものが、うまく伝わるよう心がけて描いています。
e0197748_16482259.jpg
e0197748_16482895.jpg
e0197748_16483956.jpg
e0197748_16484515.jpg
e0197748_16461489.jpg
e0197748_16492089.jpg

[PR]
by maenaoarchi2010 | 2015-09-02 16:52 | さくらの家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maenao.exblog.jp/tb/23626732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]