人気ブログランキング |

『方舟の家(はこぶねのいえ)』完成・引き渡し

秋晴れの中『方舟の家(はこぶねのいえ)』が完成し・引き渡しが行われました。
ホームページから問い合わせをいただき、初めてお施主様に出会ったのが約2年前の冬でした。
それから打ち合わせを重ね、設計記録をいま改めて見返すと、一冊の辞書のように分厚くなっています。
とても密度の濃い充実した2年間でした。
これも、お施主様が思い描いた住まいに対する情熱と思いに、応答した設計の結果だったと思います。
そして月日は流れ、施主様の夢と希望が詰まった住まいが、安達太良山を望む雄大な大地にようやく完成しました。
この住まいが、お施主様にとって居心地の良いの木陰となり、日々の暮らしがより豊かになることを願っております。
最後に、設計の意図を深く理解し施工していただいた、島和建設(株)をはじめ、関係者一同に感謝いたします。
e0197748_13195001.jpg
e0197748_13202891.jpg
e0197748_13204942.jpg


e0197748_13211540.jpg
e0197748_13230744.jpg
e0197748_13233745.jpg
e0197748_13240867.jpg
「設計主旨」
隣接する母屋との配置や不整形な敷地形状、高低差等の周辺条件を反映し、角を切り取り船のような独特な多角形としました。多角的な眺望や環境の楽しめるような建築とし、先の尖った軒の出ゼロの片流れ屋根が「安達太良おろし」から建物と母屋を守ります。角を面取りされた面や場所から周囲の風景が内部空間に取り込まれ、この場所ならではの景色や居場所、居心地を生み出します。1階はキッチンコアを中心に回遊性のあるプランとし、リビング・ダイニングから客間その他の部屋までが程よい距離感で、ぐるっとつながります。2階は階段を中心に回遊性のあるショップのようなギャラリークローゼットとウォークスルークローゼットを設け、使いやすさと収納量を確保しました。また、主寝室と将来の子供室がベランダに面し、切り取られた田園の風景を感じられる外部と、両室から物干しなどに使い勝手の良い通り抜け動線としました。この家が安達太良山に向かって突き進むの船のように、家族のすばらしい未来を切り開くことを願って。



by maenaoarchi2010 | 2019-11-06 13:52 | 方舟の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maenao.exblog.jp/tb/28684924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]