人気ブログランキング |

タグ:基礎工事 ( 4 ) タグの人気記事

『風景の抜ける家』は地鎮祭の後、擁壁工事が終わり基礎の配筋工事へと順調に進んでいます。
今日は明日の基礎コンクリート打設に先駆け、基礎配筋の検査に行ってきました。
e0197748_16571041.jpg
200ピッチで規則正しく格子状に組まれた鉄筋。
コンクリートが打ち上がると、1階の大きさが敷地にフットプリントされます。そして土台入れ、建て方と進んで行きます。
e0197748_16571411.jpg
ここ数日は、現場監督から送られてくる緻密な施工図をチェックし、赤書きでバックするという作業を繰り返しています。
この施工図は設計図を基に実際に工事するための詳細な納まりや部材の大きさなどか書かれた図面で、施工の出来にかかわってくるとても大切な図面です。
『神は細部に宿る』建物となるよう、このようなフィードバックや検討など細かい作業の積み重ねとこだわりが、ものづくりには必要です。
『香久池の家』は基礎工事が進められています。
昨日は配筋検査を行い、今日は梅雨の貴重な曇り空の下、朝からコンクリートの打設が進められています。
e0197748_11425399.jpg
午前中で打設も完了し、左官屋さんがコテ押さえを行っています。
この二人の職人さんは、僕の自宅の施工もして頂いた腕利きの左官職人さんです。
美しい金ゴテの仕上がりに期待します。

e0197748_11424733.jpg
コンクリートを打設するブームと呼ばれる大型作業車とミキサー車も何とか、敷地脇に寄せられ打設も順調にいきました。
左に佇む、現場監督さんもほっと一安心。
e0197748_11423777.jpg
基礎の配筋状況。
今回も基礎を断熱し、コンクリート蓄熱式のスラブヒーターをスラブ(土間床)に埋設しています。
これで、スキップフロアーで繋がる抑揚のある空間を基礎から暖めます。
ベタ基礎の配筋工事が進められています。
同時に排水設備のサヤ管や電気のスラブヒーター線の設置などの工事も平行して進んでいます。
e0197748_17225333.jpg
周囲の環境と間合をぬうように空間がシフトしたり、ズレたりしながら建築をつくって行きます。
いちばん手前のスペースがパブリックなオフィス空間で奥に行くにつれて、プライバシー性の高い個室などの空間になって行きます。
e0197748_1723622.jpg
床下蓄熱暖房のスラブヒーターの黄色い電熱線も設置完了です。
今週の金曜日にコンクリート打設を行い、連休を利用し養生期間をとる予定です。
e0197748_20113429.jpg
布基礎の工事が完了しました。
基礎の上に伸びているものが通称「ヒゲ筋」と呼ばれるものです。
今は上に立ち上がっていますが、水平に倒してこれから打つ土間コンクリートの鉄筋とつなぎ合わされます。

e0197748_20114974.jpg
コンクリート打ち放しの基礎も綺麗に打ちあがりました。
いよいよ来週には建て方となり、木造と鉄骨造によるハイブリッドな建物の骨格が現れてきます。