人気ブログランキング |

タグ:眺望を取込む家 ( 147 ) タグの人気記事

秋晴れの中『方舟の家(はこぶねのいえ)』が完成し・引き渡しが行われました。
ホームページから問い合わせをいただき、初めてお施主様に出会ったのが約2年前の冬でした。
それから打ち合わせを重ね、設計記録をいま改めて見返すと、一冊の辞書のように分厚くなっています。
とても密度の濃い充実した2年間でした。
これも、お施主様が思い描いた住まいに対する情熱と思いに、応答した設計の結果だったと思います。
そして月日は流れ、施主様の夢と希望が詰まった住まいが、雄大な安達太良山を望む大地にようやく完成しました。
この住まいが、お施主様にとって居心地の良いの木陰となり、日々の暮らしがより豊かになることを願っております。
最後に、設計の意図を深く理解し施工していただいた、島和建設(株)をはじめ、関係者一同に感謝いたします。
e0197748_13195001.jpg
e0197748_13202891.jpg
e0197748_13204942.jpg


e0197748_13211540.jpg
e0197748_13230744.jpg
e0197748_13233745.jpg
e0197748_13240867.jpg
「設計主旨」
雄大な安達太良山を望む敷地。隣接する母屋との配置や不整形な敷地形状、高低差等の周辺環境を反映し、角を切り取り船のような独特な多角形としました。多角的な見え方や眺望、環境の楽しめるような建築とし、先の尖った軒の出ゼロの片流れ屋根が「安達太良おろし」から建物と母屋を守ります。角を面取りされた面や場所から周囲の風景が内部空間に取り込まれ、この場所ならではの景色や居場所、居心地を生み出します。
1階はキッチンコアを中心に回遊性のあるプランとし、リビング・ダイニングから客間、その他の部屋までが程よい距離感で、ぐるっとつながります。2階は階段を中心に、ショップのようなギャラリークローゼットが回廊のようにめぐり、暮らしの楽しさと使いやすさ、収納量を確保しました。
また、主寝室とフリースペースがベランダに面し、切り取られた四季折々の田園風景を感じられ、両室から物干しなどに使い勝手の良い通り抜け動線としました。
この家が安達太良山に向かって突き進む船のように、家族のすばらしい未来を切り開くことを願っています。


e0197748_18075507.jpg
e0197748_18100365.jpg
e0197748_18103692.jpg
e0197748_18093473.jpg
昨年より設計を進めていた『方舟の家』は、造成工事も完了し建築工事がいよいよ始まります。
工事に先駆け、たくさんの関係者様に参加いただき地鎮祭を行いました。
辺りの水田には、すっかり水が張られ、カエルの合唱が心地よいBGMです。
地鎮祭は、これからの工事のはじまりであり、ご家族の暮らしをかたちづくるスタートでもあります。
毎回身の引き締まる思いです。
延床面積132㎡(40坪) 完成予定10月末

晴れ渡るゴールデンウィークの最中、『町家のような二世帯住宅』の地鎮祭がとりおこなわれました。
間口6.37m、奥行き19.56mの細長い建物、いよいよ着工です。
完成は10月末を予定しています。
e0197748_11000662.jpg
e0197748_10591049.jpg
e0197748_10591774.jpg

雄大な安達太良山を望む自然豊かな土地に佇む、方舟のような形の住宅。
隣接する母屋との関係や変形敷地、高低差、パノラマの眺望など様々な要素を住宅空間に取り入れるべく検討しています。
e0197748_15524948.jpg
e0197748_15530259.jpg
e0197748_15534536.jpg
e0197748_15531625.jpg
e0197748_15532207.jpg
e0197748_16002794.jpg
『方舟(はこぶね)の家』
隣接する母屋との配置や不整形な敷地形状を活かし、これらの周辺条件を反映した独特の多角形とし多角的な眺望や環境の楽しめる建築としました。北側に尖った軒の出ゼロの片流れ屋根が「安達太良おろし」から建物と母屋を守ります。角を面取りされたようにそれぞれの面や場所から周囲の風景が内部空間に取り込まれ、居場所や居心地を生み出し、この場所ならではの独自の風景を生み出します。1階はキッチンコアを中心に回遊性のあるプランとし、リビング・ダイニングから客間その他の部屋までが程よい距離感でつながります。2階は階段を中心に回遊性のあるショップのようなギャラリークローゼットとウォークスルークローゼットを設け、使いやすさと収納量を確保しました。また、主寝室と将来の子供室がベランダに面し、物干しなどに使い勝手の良い通り抜け動線としました。この家が安達太良山に向かって突き進むの船のように、家族のすばらしい未来を切り開くことを願って。


e0197748_13393815.jpg
e0197748_13583873.jpg
一年前の夏に三春町に完成した『キナリの家』の雑誌撮影が行われました。
幸い天気にも恵まれ、ご家族にも協力いただき素敵なライフシーンが写せたのではないかと思います。
雑誌の発売は今年の8月頃で、Replan別冊 福島vol.3 巻頭実例として掲載される予定ですので、お楽しみに!

建築・住まいとは何たるかを真摯に取り組み、より良い建築を考えていければと思います。
今年もNao-Logを宜しくお願い致します。
e0197748_11561735.jpg
『パサージュのある集合住宅』(RC造2階建て 2017年10月竣工予定)
敷地の高低差と台形形状を建築形態に反映させ、分棟形式ならではの眺望や採光、ズレ、抜け道のある立体空間をつくり出します。

e0197748_11354636.jpg
e0197748_11353196.jpg
e0197748_11403873.jpg
e0197748_11355203.jpg
e0197748_11355729.jpg
e0197748_11360262.jpg
e0197748_11361608.jpg
e0197748_11371101.jpg
e0197748_11362854.jpg
e0197748_11363576.jpg
e0197748_11364695.jpg

e0197748_17412482.jpg
e0197748_17415048.jpg
e0197748_17524324.jpg
e0197748_17415839.jpg
e0197748_17420520.jpg
e0197748_17421294.jpg
e0197748_17423730.jpg
e0197748_17434377.jpg
e0197748_17425539.jpg
e0197748_17481661.jpg


『小和滝の家』homifyの「視線のズレが心地良い!開放感のあるスキップフロアの家5軒」に掲載されました。
半地下を含め4層のスキップフロアで構成された、周囲の四季折々の風景を感じながら過ごせる住宅です。
まるで仲良し家族が河川敷にシートを広げ、ピクニックを楽しめるようなイメージの家です。
e0197748_15250722.jpg

今年の夏にお引き渡しをした『さくらの家』の3か月点検に施工者とともに伺いました。家具や照明、インテリア雑貨などお施主様の目利きでセレクトされた逸品たちが所々に置かれ、素敵な雰囲気の住まいとなっていました。
e0197748_17505293.jpg
スキップフロアーの踊り場ベンチが、すっかり子供たちのお絵かきスペースになっています。
e0197748_17505677.jpg
今のところワンルームの姉妹のお部屋は、モビールや照明など女の子らしく素敵に色づけされています。
e0197748_17504652.jpg
庭の植栽はまだこれからですが、少しづつお施主様が自分たちで植木や鉢植えなどを置きグリーンのある風景になりつつあります。写真はオリーブの木。
e0197748_18054593.jpg