タグ:香久池の家 ( 3 ) タグの人気記事

梅雨の続く中、天候に左右されながらもようやく上棟を迎えることができました。
今年の梅雨は、それにしても長いですね。
来週からはようやく夏らしくなり、工事も順調に進みそうです。

e0197748_2111731.jpg
東側より見る。
手前と奥のボリュームは同じ屋根勾配を持ち、玄関入口は小さなボリュームからアプローチします。
その上の下屋が眺望の良い、ルーフデッキテラスになります。

e0197748_21111276.jpg
2階の天井は小屋組みを現しで仕上げます。
予め倉庫で厳選してきた、ベニヤを現場で並べてパズルをそろえる様に、色目と板目を合わせて貼ってゆきます。

e0197748_21111714.jpg
455のレギュラーなピッチでリズムを刻む、2x8(ツーバイエイト)の垂木構造の天井。
ベランダの軒天は、なるべく薄く見えるように垂木下をテーパーカットしています。

e0197748_21472129.jpg
現場では、天井屋根が薄い一枚の板のように軽やかに見えています。
所々から差し込む、隙間の光がスリットのようで綺麗です。
今度は、こんな美しい光の差し込む屋根を設計しようかな。
[PR]
e0197748_10162556.jpg
しばらく更新が途絶えていた『香久池の家』の工事がいよいよ始まります。
工事にさきがけ、土地の神様を鎮める地鎮祭が滞りなく開催されました。
梅雨の合い間の涼しいなか、ご家族や親戚の方々にも参加していただき、これから始まる工事の安全を祈願し、ご家族の皆様は、住まいの完成をとても愉しみにしていらっしゃいました。

震災を期に、今まで生まれ育った記憶と思い出のある建物を、取り壊しての今回の工事。
ふたたび家族が集い、一家団らんの楽しめる記憶に残るような住まいを、つくり上げていきたいと強く思います。

今年の11月末の完成に向けて、工事関係者の皆様よろしくお願いいたします。
e0197748_10164266.jpg

[PR]
二世帯住宅として設計中の香久池の家は、プランも概ね決まりつつありより魅力的な立体構成の検討を模型で行っています。
1:50の縮尺で内部の間仕切家具や階段など、空間を創っていく要素の形を組み立てながら設計を進めています。
1:50で模型を作り、よりリアルな建築を御施主様に見て確認していただくのと同時に、設計者としても図面では読取れなかった内部のつながりや見え方などの確認のためでもあります。
e0197748_1843483.jpg
スキップフロアーの立体的な構成が見えてきました。
e0197748_18431049.jpg
南側はテラスと板壁と深い軒が、庭に対して表情を作り出します。
e0197748_18431560.jpg
断面模型で室内を覗き込み、空間の繋がりや風景の見え方などを確認してゆきます。
この模型はバラバラに解体できるようにして作っていて、御施主さまにも見たいシーンをお見せできるようにしてあります。
[PR]