タグ:2世帯住宅 ( 42 ) タグの人気記事

『町家のような二世帯住宅』の現場は、梅雨の雨に打たれつつも淡々と進んでおります。
今回は、構造的にも念入りに補強金物や耐力面材のグレードを上げて使用しています。
そのうちの一つ耐力面材「ダイライト」を外壁面のすべてに貼り、面で耐震性を確保しつつ床面の実付きネタレス構造用合板「ネダノン」と屋根面のツーバイ垂木工法として水平構面もしっかりと作っています。
内部の間仕切り壁は筋交いとして通常の金物ではなく、繰り返し起こる地震にも粘り強く耐える「ブレスターZ600」を採用しました。
また、梁や柱を貫通接合するボルトにも乾燥による木やせで緩みにくい耐震座鐘「タイトトニック」を使用しております。
このように後ではなかなか交換や補強できない見えないところを最初から重点的にやれることはやっています。
e0197748_10124380.jpg
耐力面材:ダイライト 力持ちマークが愛きょうありますが、頼りになります。
e0197748_10122084.jpg
筋交い金物:ブレスターZ600 通常の筋交い金物より大きく、特殊なスリット形状と形もだいぶ違います。
e0197748_10132044.jpg
耐震座鐘:タイトトニック
e0197748_10131470.jpg



耐力面材:ダイライト 大建工業(株)
https://www.daiken.jp/product/lp/taishin.html

筋交い金物:ブレスターZ600 岡部()

https://www.okabe.co.jp/brastarz/

耐震座鐘:タイトトニック ティ・カトウ BXカネシン

https://www.t-kato.co.jp/products/tightnic.html






[PR]
晴れ渡るゴールデンウィークの最中、『町家のような二世帯住宅』の地鎮祭がとりおこなわれました。
間口6.37m、奥行き19.56mの細長い建物、いよいよ着工です。
完成は10月末を予定しています。
e0197748_11000662.jpg
e0197748_10591049.jpg
e0197748_10591774.jpg

[PR]
昨年より郡山市内で設計を進めていた、二世帯住宅の実施設計が出来上がりました。
敷地は南北に細長い土地で、各世帯の居住性とプライバシー、採光、通風を確保するため、町家のような中庭を光庭として設けました。
この中庭が二世帯間のほど良い関係性と居心地を生み出せればと考えています。
e0197748_16344924.jpg
手前は平屋、奥に二階建てのボリュームとして道路に対しての圧迫感を軽減している。
e0197748_16350322.jpg
南東側から見ると、平屋と二階建ての間に中庭の凹みがある
e0197748_16353690.jpg
屋根にはルーフバルコニーを設け、中庭と上下の連続性と屋根上の解放感と気持ち良さを生み出す。


[PR]
昨年の11月に完成した『香久池の家』の写真が出来上がりました。
撮影はいつもお願いしている佐久間正人氏です。
今回も日中と夜景の撮影をして頂き、空間の表情の違いをうまく捉えてもらいました。
e0197748_1748063.jpg
e0197748_17484669.jpg
e0197748_17544238.jpg
e0197748_17481363.jpg
e0197748_1748215.jpg
e0197748_17492151.jpg
e0197748_17493394.jpg
e0197748_17495146.jpg
e0197748_17501221.jpg
e0197748_17502848.jpg
e0197748_17503828.jpg
e0197748_17504374.jpg
e0197748_17504871.jpg
e0197748_1750596.jpg
e0197748_1751522.jpg
e0197748_1751124.jpg
e0197748_1841432.jpg

[PR]
『香久池の家』が完成し、先日引渡しが行われました。
おめでとうございます。

設計相談会でお施主様と出会ってから、あっという間の1年でした。
震災を期に、今まで生まれ育った記憶と思い出のある建物を、取り壊しての今回の工事でした。
完成したこの建物にふたたび家族が集い、一家団らんの楽しめる記憶に残るような住まいになればと心より願っています。
また数ある設計事務所や業者の中から、僕の提案を気に入ってもらい住まいの設計者として選んで頂き、ありがとうございました。

最後に設計意図を深く理解し細部に渡り緻密で丁寧な施工をして頂いた、信和建設をはじめとする全ての施工チームに御礼いたします。
e0197748_18144667.jpg

e0197748_18145346.jpg

e0197748_18145926.jpg
今回も写真家の佐久間正人氏に撮影をお願いしました。
昼間と夜の空間が、どのような奥行きで撮れているか愉しみです。
[PR]
二日間に渡り開催されたオープンハウスも無事終了しました。
たくさんのご来場を頂き、誠にありがとうございました。
体験しないと分からない、不思議な空間のつながりや奥行き、大小の色々な空間、風景の見え方などをご覧いただけたのではないかと思っています。
名残惜しいですが、あとは引渡しのみとなりました。
e0197748_10275169.jpg
お天気にも恵まれた、オープンハウスでした。
e0197748_10275825.jpg
庭にもともとあった松も、隣の瓦屋根とあいまって、リビングベンチから続く心地よい縁側空間をつくり出しています。
e0197748_102839.jpg
夜景は昼間とはまた違う、暖かい雰囲気。
[PR]
e0197748_002059.jpg
今日からの二日間、オープンハウスを開催しています。
住宅をお考えの皆様、ジグザグにつながる立体空間の面白さを体験しに是非お越しください。
詳しくは下記のオープンハウスのお知らせを御覧ください。
(完全予約制の為、時間の都合上TEL090-2206-2108 前原までご連絡ください。)

オープンハウスのお知らせ
[PR]
『香久池の家』は無事に完了検査もパスし、概ね工事は完了しました。
今日は、家具も搬入され、だいぶ生活のイメージも感じられるようになりました。
これで今週末のオープンハウスに向けて準備は整いました。
e0197748_1755518.jpg
スキップフロアーの奥の窓から風景が『風景画』のように見えます。
e0197748_17573986.jpg
庭の植栽も植えられ、外構も完成しました。

オープンハウスのお知らせは下記を御覧ください。
(予約制の為、時間の都合上TEL090-2206-2108 前原までご連絡ください。)

オープンハウスのお知らせ
[PR]
e0197748_1755492.jpg
LDKの白いケイソウドクロスもだいぶ出来てきました。
ブラウンの板壁との材質やコントラストで、空間の奥行きであったり、立体的なボリュームを感じられるようにしています。
e0197748_1761873.jpg
キッチンの製作家具もセットされました。気持ちよく家事のできるスペースであってほしいものです。
e0197748_1763951.jpg
2階のデッキテラスから街路樹を見る。
紅葉がきれいで、季節感が感じられるスペースっていいものです。
e0197748_170561.jpg
昨日の朝は郡山でも-2.5℃まで下がり、自宅の外壁や車にも霜が降りていました。
日中は穏やかに晴れ、気温も暖かかったです。
こういう天気や気温の変化だと、自宅に使っている蓄熱式スラブヒーターの温度コントロールが難しいです。日中はスラブヒーターがオーバーヒート気味で暑すぎました。
[PR]
『香久池の家』は間もなく完成します。
今回、お施主様のご厚意によりオープンハウスをさせて頂けることになりました。
詳しくは下記を御覧ください。
(予約制の為、時間の都合上TEL090-2206-2108 前原までご連絡ください。)

e0197748_11434831.jpg
隣地より北東側を見る。
屋根上のデッキテラスも出来上がり、気持ちの良いスペースになりそうです。
デッキに出ると、街路樹の葉っぱが近くに感じられ、丘の上の土地なので遠くの山々、住宅街まで眺望が開けます。
今日は山の上から、太陽が登るのが見えました。

e0197748_11435792.jpg
1階の階段状のデッキテラスもできました。
階段に腰掛け、庭の木々を眺めながらお茶できる、縁側的スペースです。
駐車場のコンクリートも打ちあがり、これから植栽工事や外構ブロック塀の塗装などを行います。

e0197748_1144783.jpg
内部の塗装やクロスなどもだいぶ出来てきました。
写真は2階サブリビング。
正面のテラスドアから屋根上のデッキテラスに出られ、左の大きな開口部には障子が入ります。
障子の開閉で空間が立体的につながり、下の客間に和紙をとおした柔らかな光を届けます。

オープンハウスのお知らせ
[PR]